上海の幼稚園へエントリー


上海の幼稚園へエントリー

彼氏と別れやけになった私は、早速先輩にメールしました。先輩はとても優しく全面的にフォローしてくれて、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。当時の私は就職について右も左もわからず、まして海外なんてなんて敷居が高いのだろうと自分でも思っていたほどです。

幼稚園に限らず、海外でも日本人経営の日本人相手の機関はたくさんあるわけで、対応についても日本語対応となっているのでそんなに心配はありません。私は結果的に3年間上海に住んだわけですが、簡単な中国語しか話せません。英語も中学校レベルです。普段の会話は日本語で、周りも日本人の知り合いばかりなので特段困ることはありませんでした。

幼稚園の生徒も日本語が中心です。中には中国人ハーフの子がいて、中国語がぺらぺらといった子供もいましたが。

上海の幼稚園ですが、ちょうど新卒の人を募集していました。これは非常にラッキーでした。海外の幼稚園では特に経験者の募集がほとんどです。そのため新卒でとってくれたのは珍しい例かと思います。

求人ですが先輩から情報を教えてもらいました。先輩も上海の幼稚園に勤務しており、現地の幼稚園事情についてもわかっていたということもあります。経営者によって幼稚園の色合いも全く違うそうです。

私が入れそうなところが2件あると先輩は考えたそうですが、1箇所は経営者の対応が悪く出入りが激しいことから、そこは辞めたほうがいいだろうといったアドバイスを受けました。

とはいうもの私は、もう1件の勤務先についても不安点がありました。それは「3年契約」であったことです。つまり契約社員としての契約となります。

辞めたほうがいいだろうというところは正社員採用でした。正社員だとボーナスも出るし、待遇面でも大きな差があるのでは?と思ったのですが、先輩から海外では3年契約でも内容が正社員とほとんど変わらないこと、また3年勤めれば海外の他の幼稚園でも採用してもらえるからまずはチャレンジしてみては?とアドバイスされたことがきっかけで、決意を固めました。

両親にも相談しました。私の母の幼稚園での勤務経験があったため、職場の事情についてよくわかっていると思ったからです。

母も評判が悪いところよりも3年契約でまずはやってみては?と背中を押してくれました。

こうして履歴書を出しエントリーしました。中国語で出してくださいといわれたらどうしようと思いドキドキしましたが、普通に日本語でOKで面接も日本語オンリーでした。